トラベル・ウィズ・ビアンダンボックス - プラスチック・フリーの暮らしをつくろう

トラベル・ウィズ・ビアンダンボックス

トラベル・ウィズ・ビアンダンボックス

プラスチックの何が問題でしょうか?

プラスチックの問題は、それを毎日の必需品として使い、そしてほんの少しでも傷がついたものは捨ててしまうというライフスタイルにあります。
台湾でのプラスチック問題も同じです。人々の考え方と行動の問題なのです。日用品の大半がプラスチック製で、使い捨て中心のライフスタイルがおびただしい量のプラスチックごみを出すことになります。

現状を変えようと考えられたきっかけは何ですか?

台湾は島国で、海洋についての研究が盛んです。プラスチックごみで海がひどく汚染されていることは実感しています。プラスチックごみの分量を減らすだけでは十分とは言えません。そもそも作られるプラスチックを減らすことのほうがずっと重要です。それで、私たちはごみのもとになるものから減らす取り組みをすすめています。

どうすればプラスチック・フリーな暮らしにむけた行動を起こせるでしょうか?

二つの道があります。啓発と、プラスチックを減らせる環境を用意することです。たとえば、プラスチックを使わなくてもいいお買いものの方法を教えて、買いもののときに実際プラスチックの袋を使わないことを勧める。そして、水飲み場をもっと増やして、マイボトルを持参することを奨励する。こうすれば、ごみになるペットボトルの使用を減らすことができます。プラスチック・フリーな暮らしへの動きを加速させるため、啓発と環境整備の両面から取り組む必要があります。

次のステップは何でしょうか。

啓発と環境整備の両面から取り組みを進めています。最近、宿泊客が台所用品を借りることができるホステルと協力を始めました。ごみとなるプラスチック製品の製造を大幅に減らせるようになってほしいと考えています。

台湾